こんにちは、玉城 領子です。

 

昨日、久々にベリーダンスの後ヨガをしました。

確かに昨日は、ベリーも汗だくになるほどハードなレッスンでしたが、

ヨガも筋トレのようなハードヨガで、

終わったらへとへとで、午後からは何もできませんでした。

コロナで、ヨガのスタジオレッスンを休んでいたので、

とても疲れました。

やはりヨガも、オンラインばかりではダメみたいですね。

 

ところで、

私は、べりーダンスをしていていて思う事があります。

ベリーの仲間は、たしかに私より若いのですが、

しゃがんでも簡単に立ち上がります。

私もかなり強化しましたが、

弾力をつけて立ち上がるのは、やはりまだ無理があるようです。

 

時々重心がブレて、うまくしゃがめていない事があります。

勿論、太ももの筋肉がないことも大きな原因なのですが、

上手くしゃがめていないのも、立ち上がれない原因です。

今日は太ももの筋肉の前に、この「しゃがむ」という動作について

少し話そうと思います。

 

あなたは、「しゃがむ」ってどういう原理かわかりますか。

 

調べてみたのですが、

しゃがむだけなら、そんなに筋肉は必要ないとありました。

勿論、そんなに‥ですので、全く筋肉が不要という事ではありません。

 

変形性股関節症の末期歴の長かった私は、

股関節を庇って、足を回し出すという歩き方を長年していたので、

太ももの筋肉はかなり弱っていました。

おまけに、股関節が痛い(激痛だった)ので、

しゃがむと、立ち上がるのが大変でした。

その為、中腰やしゃがむ事は極力なくした、

椅子中心の生活でした、

これもしゃがめない事の大きな原因です。

 

じゃがむという動作が上手くできれば、

股関節、膝、足首の関節の稼働域も広がり、

楽に動ける身体の使い方ができるようになります。

 

ところが現代人は、洋式トイレが主流になったことや、

雑巾がけなどの、しゃがむという生活スタイルがなくなってきて

重力を活かした、自然な動作がしにくくなっているようです。

 

「しゃがむ」という動作に必要なポイントは、

① 骨盤を立てる。

つま先はやや外側、腰が落ちないように骨盤をしっかり立てる。

② 胸を出す。

背中が丸くならないように胸を出す。両手は前方の下におろして重心を分散する。

③ 下半身の各関節を、正しい方向に曲げる。

膝を内側に入れず、各関節を自然な方向に曲げる。

 

これだけなのですが、なぜかできません。

私の場合ですが、しゃがむ時

骨盤を後ろに引いて、背中が丸まって胸が下を向いています。

足もかかとが着いていない…。つま先立ちのようです。

これでは重心がブレるはずですね。

 

ダンスだけではなくて、日常生活の中で

しゃがむというスタイルは少なくなったとはいえ、

主婦は、今も結構しゃがむ動作って多いですよね。

 

自分で意識して、骨盤を立てて

胸を前に出して背筋を伸ばしてしゃがんでみましょう。

 

人間本来がもっている滑らかな動作を、最大限に生かせるのが

「しゃがむ」という動作だと言われています。

 

しゃがむという、今まであまり気にしちなかった動作に

少し気を向けてみませんか。

最初は、片足を少し引いてしゃがんで、

片膝を着けばいいです。

 

立ち上がるときに、自然と太腿に力が入ります。

わたしは、筋力が弱くて、結構しんどいですが、

片足をひいてしゃがむと、立ちあがりやすいです。

 

簡単にできるので、あなたもやってみて下さい。

綺麗な所作が身について、

スクワットより楽に、筋肉が鍛えられますよ。

 

次回は太ももの筋肉、大腿四頭筋とハムストリングス、大殿筋です。

 

今日はこの辺で失礼します。

ここまで読んでいただき、

ありがとうございました。

 

では、おやすみなさい。