こんばんは、玉城 領子です。

 

ブログの更新が出来なくてすみません。

実は一昨日、後輩が亡くなりました。

みんなにとても好かれていて、いつも笑顔で、

そこにその人がいるだけで、雰囲気が明るくなる人でした。

 

何かの集りには、いつも元気に参加していた後輩なので、

病気だったとは、私は全く気が付きませんでした。

訃報を聞いたときは、ホントにびっくりしました。

 

お通夜の席で、同じく後輩が

「みんなに好かれる人って、元気をみんなに分け与えるので

早くに元気を使い果たしてしまうのかな…」と言っていました。

立て続けに、みんなに好かれている後輩が二人亡くなったので、

私も、そうかもしれない…と思います。

 

でも、まだまだ若い・・・。

ただただ、ご冥福をお祈りします。

‥‥‥‥‥‥合掌。

 

コロナ報道も。なんとなく落ち着いて

あちこちで日常が戻っていますが、

あなたも、私も、

いつも健康には注意sうぃましょうね。

 

というわけで、

やっぱりヨガしようと、30分だけの瞑想yogaというのをしました。

そんなにきついポーズはないので、気分も体もほぐれて

リラックスしました。

 

ヨガは、瞑想も大切にしています。

呼吸を整えて、日常生活における心身のバランスを整えてくれます。

健康にもとても効果的なのです。

深い呼吸は、乱れていた感情を平常に戻したり、

全身に酸素をいきわたらせて、細胞の活性化を促して

新陳代謝を高めます。

私は、ヨガを毎日するようになって、

体も柔らかくなりましたが、確かに代謝が上がりました。

 

日本には、奈良時代に

仏教に取り入れられた修行法として入ってきたようです。

そういえば、座禅も瞑想ですよね。

弘法大師もヨガで能力開発をしたそうですよ。

 

ヨガの正しい姿勢って、変形性股関節症で人工、関節の私には無理かなと思っていました。

ところがです。

やってみると、筋肉と股関節が柔らかくなってきて、

けっこうできるようになるものです。

 

なので、変形性股関節症で人工関節になっても

ヨガは出来ます。

というか、私はお勧めします。

正しい姿勢で呼吸すると、リラックス感と充実感がえられて、

身体の歪みが取れて、筋肉や骨のバランスがとりやすくなるからです。

最初は、胡坐(安楽座)もなかなかできないと思いますが、

諦めないで続けていると、難なくできるようになるのです。

 

嘘だと思っているあなた、

ほんとですよ。

現に私がそうですから…。

 

最初は、とにかく何もわからないから、

人工関節だし、こんなポーズできないし…。

それに脱臼したら、ちょっと怖いと思うのではないでしょうか。

私ももそうでしたから・・・。

手術したての方は、まだ早いかも…、

でも、心配なら担当医に相談してみて下さい。

私も相談してみて、大丈夫ですと言われたので続けています。

 

でもね、硬いのは筋肉なのです。

筋肉が固まっているから、

骨盤や肩胛骨、そのほかの骨の関節が

固まった筋肉にひっぱられたり、固まって動けなかったりしているのです。

 

ヨガを安心して始める為には、

最初は小人数の教室に通うほうがいいと、私は思います。

でも慣れてきたら、今NETで話題の「お家ヨガ」もいいですよ。

申し込むコースによりますが、

05:30~23:30までいろいろなレッスンがあるので、

毎日、好きな時間にヨガをすることができます。

「ちょっと時間が出来たので、いまからやろう」ができます。

やっていると、体がほぐれてくるので、

とても気持ちいいですよ。

 

筋肉を柔らかくするマッサージの一環だと思って、

あなたも、始めてみませんか。

きっと、体が使いやすくなります。

ほんとですよ。

 

では、今日はこの辺で失礼します。

ここまで読んでいただきありがとうございました。

 

おやすみなさい。