こんにちは、玉城 領子です。

 

少しご無沙汰してしまいました。

 

実は、札幌に行ってきました。

観光ではなく、私が大好きな美顔器のセミナーです。

行ってみて、改めてその良さを実感しました。

 

コロナが増えている中で、どうしようかと思っていたのですが、

温かく迎えてくれる方達の言葉に魅かれて、行くことを決めました。

一泊なので、札幌のラウンジとセミナー会場だけというハードスケジュールでしたが、

行って良かったです。

新しい発見もあり、とても楽しいでした。

仲間がいるっていいですね。

 

で、

問題は、帰って2日目です。

外は雨・・・・。

なんか熱っぽいなと思っていたのですが、

寒気が半端なくなり、

アレヨアレヨトいう間に体温が38.9度。

私にはかなりな高熱です。

 

コロナの感染者が増えている札幌から帰ったばかりだったので、

え、コロナ‥‥とかなり焦りましたが、

まさか…と、まだ半信半疑です。

 

マスクは二重で、ラウンジとセミナー会場は感染対策バッチリ、

他にはどこにも行ってないし・・・。

大丈夫だと思いながら、心配なことを伸ばすのは嫌なので、

医者に行くことにしました。

 

熱があるけど行ってもいいかと、近所のかかりつけ医に電話すると、

診てくれるとのことで、事間を指定され、

患者の皆さんとは別の入り口から入りました。

 

ふらふらのまま行って、

のどの痛みと高熱、

それに札幌に行ってきたことを伝えると、

「PCR検査しといたほうがいいね」という先生の診断です‥‥。

熱が高かったので、ほとんど覚えていないのですが、

検査して、大雨の中フラフラと帰宅しました。

 

結果は翌日の9時前‥‥。

帰ってふらふらのまま頂いた薬を飲んで、

家族と札幌で一緒だった皆様に連絡して、

バタンキューと一日寝ていました。

 

お義母さんが楽しみにしていた

今日午後からの、ラウンジでの美容体験も中止です。

 

PCR検査をしたという事で、息子と娘は、

濃厚接触者ということで自宅待機になり、

早々に帰宅。

 

熱は薬が効いたのか、夕方には下がったのですが、

随分とみんなに心配をかけ、

コロナでは…と、心配なまま就寝。

 

翌日(今朝)9時前、

おそるおそる医院に電話すると、

先生が明るい声で「陰性です。よかったね」との返事。

熱が出た理由は、喉の炎症でしょうとのことでした。

 

よかった~。

ほっとしました。

みんなにも知らせて、一安心です。

 

陽性だといわれる気がしなかったのですが、

札幌に行く前日の夜、

不思議なことがありました。

亡くなった父親の声が、心の中に聞こえたのです。

「危ないぞ」と言う声に、「大丈夫だよ行くから」という私に

「そうか、行くなら俺が守る」って。

気のせいかもしれませんが、たしかに力強く聞こた気がします。

亡くなってからも、家族を守ろうとする父親に

暖かいい気持の生きていた時のままの父親に、

心の中で「ありがとう」を言いながら、

ありがたくて涙が出ました。

喉の痛みで済んだのは、父親が守ってくれたから・・ですね。

 

いずれにしても喉はまだ痛いので、無理しないようにしますが、

あなたも時節柄、どうかご自愛くださいね。

 

では、今日はこの辺で失礼します。

ここまで読んでいただき

ありがとうございました。