こんばんは、玉城 領子です。

 

コロナ感染者のニュースがひっきりなしに流れて、

何だか、不安な日々ですね。

でも、最初の緊急事態宣言から比べると、

いろいろなことがわかってきましたね。

各々の、感染対策次第という事でしょうか。

 

さて、今日は「きれいになる」というか、

幾つになっても女性は「きれいになりたい」んだというテーマです。

 

 

先日、

義母の通院に付き合った帰り、

一緒に行った義妹と3人で、お茶をしていた時のことです。

 

義理の妹が、

「この頃、肌の乾燥がひどいんだけど、領子さん乾燥してないみたい、

何かやってる? 」というので、

私が、自分でやってる「超お勧めの美容法」の話をしていたのです。

 

「エステマシンを使うんだけど、

ファウンデーションとかでかくすとかではなく、

素肌がきれいになるから試してみない・・・?」という私に、

妹は、「行ってみたい…♡」とかなり乗り気でした。

 

「毛穴の掃除もして、肌のトーンが上がるし、

体験は無料だし、無理に勧められないから是非やってみたら…」と言っていると、

 

傍にいた義母は、普段は耳が遠いと知らん顔をしているのですが、

なんか興味津々で話を聞いています。

 

妹も気が付いたのか、

「ママさん(義妹は母親をそう呼びます)も一緒にでもいい・・?」と私に聞くので、

「勿論いいけど、お母さん行きますか」ときくまえに「行きたい」という返事が返ってきました。

「気持ちいいから」と。

そういえば、2回位私がお手入れをしてあげた事がありました。

 

でも義母は、

「もっと上手な人がお手入れしてくれるから」と体験に誘っても、

「私はいいわ…」と、行くとは言わなかったのに…‥。

 

興味はないのかと思っていたので、今回の対応はとても意外でした。

実の娘と行くからかな…とも思いましたが、

すぐに二人の予約をとりました。

それから、二人はとても楽しみにしていたのです。

 

ところが、体験の3日前、

義妹の嫁ぎ先のお義父さんが危篤になり、妹は行けなくなったのです。

当然お義母さんも行かないだろうなと思って、

「お義母さんも、次回にしますか」と聞く私に、

「私は先に行くわ」というのです。

 

86歳です。

 

「90歳でも、お手入れされてる方はとてもお肌がきれいで、

足腰も丈夫で、とても元気なの…」と、

いつも私のお手入れをして下さる方が、おっしゃっていたのですが、

「いや、まさか、90歳って…」と私は思っていたのです。

 

でも、

「小じわと、たるみが気になるし…」といった義母は、

よく物を忘れて、歩くのに膝が痛いと言っているいつもと違って、

キラキラとした目をして、とてもしっかり話していました。

 

きれいになりたいっていう気持ちって、

素晴らしいなとおもった瞬間でした。

 

いくつになっても、きれいでいたい。

これは年齢なんか関係ない女性の望みなのですね。

 

それと同時に、きれいになる事は気持ちまでしゃんとする効果があるのかと

とてもうれしくなった出来事でした。

その気持ち、応援します。

 

あなたも、いつまでもきれいでいたいと思いますよね。

私は、その気持ち、

とても、素晴らしいと思います。

 

では、今日はこの辺で失礼します。

ここまで読んでいただき、

ありがとうございました。

 

今日も、3分のお手入れしてから寝ることにします。

スチームが癒されるんですよね~(^^♪。

 

おやすみなさい。