こんばんは、玉城 領子です。

 

外はまだまだ蒸し暑く、8月ももう終わりですが、

今日も猛暑でしたね。

 

そろそろ、外で動きたいです。

 

ところで、ここのところ「動ける身体」になる事について、

いろいろな切り口で話していますが、

 

そもそも「動ける身体」って、

どんな身体のことなのでしょうか。

 

トレーニングをしている人は良くご存知だと思いますが、

「頭の中の動き」と「実際の動き」の乖離がない事です。

イメージしたように動けるといいましょうか…。

例えば、子供の運動会に参加して、

走ってるつもりなのに足がもつれて転ぶとか・・。

あるあるですよね。

歳をとってなくても、走ると足がもつれるということはあります。

 

これは、筋肉量が落ちていて、

頭の中の動きを、体が再現できないからだといわれています。

運動をしていないと、これは顕著に現れます。

 

脚を上げたつもりで、上がっていなくて転んだということがないように、

日頃から筋肉と反射能力も鍛えた方がいいですが、

今はそこまではいいでしょう。

とにかく、動ければいいと考えましょう。

 

アスリートのトレーニングをしている方が、

動ける身体を作るには、「姿勢維持」に筋肉を使わない身体をつくる事、

だとおっしゃっていました。

脳からの指令に、即座に反応することができなくても、

姿勢が維持されていたら、すぐにつぎの動作に入れるということです。

 

姿勢維持に筋肉を使わない・・・?

…使ってるけど‥‥。

そうですね、使ってますが、

意識して使っているのではありませんよね。

 

つまり、「姿勢を維持するのに余計な筋肉を使わない」と言い換えた方が

わかりやすいと私は思います。

 

変形性股関節症末期で手術前の私は、

歩くのに痛む股関節を庇って、バランスをとる為に

お腹やら背中やら、いろんなところの筋肉を使っていました。

姿勢維持の為に、意識して、

歩くのには必要ない筋肉をつかっていたのです。

(勿論、その筋肉はコリコリになります。)

なかなかすぐに、次の動作には入れません。

ヨッコラショという感じでした。

 

変形性股関節症でなくても、

日本人は、骨盤が歪んでいる人が多いです。

 

骨盤の歪みは、姿勢が崩れて筋肉の凝りの原因になります。

 

本来、歩行に必要な筋肉だけを使っていたら、

よっぽどハードに歩かなければ、そんなに筋肉は凝りません。

筋肉がコリコリで硬くなってしまったのは、

姿勢維持の為に、本来つかわなくていい筋肉をつかっているからです。

姿勢が崩れているのです。

 

では、姿勢維持に余計な筋肉を使わないようにするには、

どうしたらいいのか。

 

あなたならどうしますか。

 

ヒントは

「肩胛骨」、「股関節」、「背骨」の柔軟性です。

 

次回に詳しくお話ししますね。

 

今日も、ここまで読んでいただきありがとうございました。

では、おやすみなさい。