こんばんは、玉城 領子です。

 

今日、インフルエンザの予防接種に行ってきました。

何年も、何十年も予防接種はしていなかったのですが、

今年は特別なので、受けたほうがいいと聞いたので、

受けてみました。

 

私は、NETでよく議論されてるように、

確固たる意志があって、予防接種を受けなかったというのではなく、

何となく時期を逸していたという感じです。

幸い、今までは受けなくても大丈夫でした。

 

もともと体は丈夫なようで、両親に感謝ですね。

 

でもやはり、今年はコロナもあり特別なので、

一応受けておくにことにしました。

 

でも予防接種については、賛否両論がありますね。

 

インフルエンザと高齢者の肺炎球菌の予防接種は、

個人の予防目的なので、任意接種のワクチンです。

集団の予防が目的の定期接種(赤ちゃんの時に接種)のワクチンとは、

ちょっと違います。

 

なので、接種は個人の自由という事になります。

渡された説明書きを見たら、副作用についても記載がありました。

 

どこかでみたのですが、ある医者が、

「今のワクチンを車のオイル交換に例えれば、

オイルを、ボンネットの中のオイル入れに注いでいるのではなく

全ての部品に流しかけているようなもの」

といってました。

オイルがほかの部品にかかれば、壊れることもあるかもしれません。

 

うーん、副作用ってそういう事か、

だから、今の薬って、

必ず、副作用があるかもしれないと書いてあるのですね。

 

やはり、病気にならないようにするしかないですね。

これからは、早期に病気を発見する「人間ドッグ」の時代ではなく

病気にならない、「予防医学の時代」になります。

これは間違いないですよ。

 

興味のある方は、

経産省がH29年に発表している「新産業構造ビジョン」を読んでみて下さい。

これから「どんな時代になるのか」

いいえ「どんな時代にしていくのか」が書かれています。

今もう、かなり実現してきているので、面白いですよ。

https://www.meti.go.jp/press/2017/05/20170530007/20170530007-2.pdf

ビッグデータ、人工知能‥‥興味深いですね。

 

2030年には、どんな世界になっているのでしょうね。

病気にならない世界が実現すれば、

どれだけの人が幸せになる事でしょう。

 

日本はかなり、世界各国から見て遅れているようです。

先に進んでいる…と思っていませんでしたか。

私も予防医学のプロジェクトに参加するまで

そう思っていました。

実は、後れているのです‥‥。

この続きは又次回に。

 

今日はこの辺で失礼します。

ここまで読んでいただき、

ありがとうございました。

 

では、おやすみなさい。