こんばんわ、玉城 領子です。

 

五月になったら、急に暖かくなりましたね。

というか、”暑い”といった方が正しいかも…。

昨日、お風呂から出て「おー、涼しくて気持ちいい…(^^♪ 」と思いました。

今までは「う~、寒い」でしたけどね。

気持のいい新緑の季節 ”春” はどこに行ったのでしょうか。

 

4月30日、娘の誕生日に孫が、

「ママ、お誕生日おめでとう」といった後、

おばあちゃんも同じ日が誕生日だったと聞いて、

空に向かって「おばあちゃん、お誕生日おめでとう」って言ったそうです。

それを聞いて、とても心が熱くなりました。

 

孫は私を ”グランマ” と呼ぶので、

ひいおばあちゃんである私の母親を ”おばあちゃん”と呼んでいるのです。

素直に育ってくれて、ありがとう。

 

もう一年経つんですね。

いや、まだ一年…。

去年はお誕生日を、子供、孫、曾孫まで揃ってお祝いしたのに…。

そう思っている私は、まだ母親ロスからは、完全に立ち直れていません。

いや、いいか。

そのままの自分を受け入れて、

今、とても幸せであることに感謝です。

 

30日の我が家の日めくりカレンダーには、

「個々の幸せが、全体の幸せをつくり、

全体の幸せの中に、個々の幸せがあります。」

と,書いてありました。

母親に言われているようです。

自己中心的になっている、今の自分を反省します。

 

私は、お金持ちでもないけど、

今は、とても幸せだと思っています。

なにが、そんなに幸せなのかって…。

 

それは、幸せと感じる基線が低いからだとと思います。

つまり、何でも幸せって思う事です。

今日も、お水がおいしく飲めた。幸せ・・・etc。

結構、気持ちも切り替わりますよ。

 

”幸せ”は”感謝”から始まると言われています。

”感謝する事”は、”幸せ”に気付くことでもあるようです。

 

私は精神論者ではありませんので、

だからどうだ…ということを、言うつもりは在りません。

 

ですが、外科の医者で気功の研究家の方が

「感謝していると”気”がパンパンと出る。」

身体的な効果として、「痛みが軽減する」、「体が柔らかくなる」

という事を言っておられたので、「これはいい👍」と思ったのです。

他にも良い効果がありますよ。

「呼吸が深くなる」、「脳波が安定する」、「血流が良くなる」…。

いいことだらけです。

「痛みが軽減する」「体が柔らかくなる」なんて、

変形性股関節症にも、とても良い効果ですね。

 

というわけで、今日は考え方について書いてみました。

痛みのある毎日で、なんで私が…とおもっているあなた。

私もでしたから。お気持ちはよくわかります。

痛いという事実は、何物にも優先して気を滅入らせます。

 

そこで少しだけ、一つだけでいいです。

今日あったこと、何か一つ、感謝した事を思い出してください。

 

私は、いっぱいありますが、

「お通じが良かった、腸内環境よくなっているな…。感謝」にします。

 

明日は、もっと感謝することがたくさんありますよ。

 

では、ここまで読んでいただきありがとうございました。

明日が、よき日でありますように。

 

おやすみなさい。