こんばんわ、玉城 領子です。

 

今日も、

外に出るのを考えてしまうくらいの夏さでしたね。

暦の上ではもう秋ですので、

残暑になるようです。

梅雨が長くて、やっと夏かと思えば

暦の上ではもう秋…。

しかし、残暑は厳しいようです。

あなたも熱中症に気をつけて下さい。

 

さてこの頃の私、

お家ヨガをしているので、筋肉がかなり緩んで

前屈も、開脚も、

とにかくポーズがとりやすくなっています。

 

長年、変形性股関節症を患っていたので、

股関節の開閉制限がかなりありました。

手術をしても、最初に脱臼の危険性を言われていたので

あまり動かしては脱臼するのではと

心配する事が多かったです。

股関節も人工関節だし、できないポーズも多いだろうしと、

自分に自分で制限をかけている生活が長かったのです。

 

ヨガをしてからも、

股関節が開かない

股関節から曲がらないので前屈はやりにくい、

胡坐の姿勢がとれない、

長座できない……等々

できない事は、人工関節のせいだと思っていました。

 

ところがです。

ある日、

右は出来ないけど、左は出来る…という姿勢が多いのに気づきます。

(-ω-;)ウーン、なんでだ…🙄❓、

両脚とも人工関節なのに、なんで右だけできない・・・。

 

そうか、

筋肉が硬いんだ…、

という事に気づくわけです。

それからは、主治医にも相談し了解を得て、

ベリーダンスとヨガには、心置きなく取り組みました。

 

筋肉、ほんとに硬かったです。

痛みを我慢しての跛行が、

こんなに体に負担をかけていたのかと、

もっと早くに手術をしなかった事が悔やまれます。

今もまだ、背中や腰は硬いところがありますが、

脚とお尻はかなりほぐれました。

手術前と比べると、天と地ほど違います。

 

今、あなたは、

手術をしても痛い、前と変わらない…とかお思いでしょうが、

大手術ですので、術後1週間は少し辛いと思います。

でも、その痛みは日にちが解決してくれます。

 

私は、股関節を人工関節で正常な位置に戻したので、

痛みが解消した‥だけでなく、

冷え性が改善し、腸の働きも良くなりました。

手術前は、かなり血流が悪かったのでしょうね。

 

病院で、車いす、歩行器、松葉づえ、杖と

リハビリの段階を踏んでいくと、

痛みが完全になくなっていなくても、

毎日がとてもハリのある、楽しい毎日になりました。

 

あの地獄のような痛みとおさらばできたことだけでも

当時のわたしにとっては、奇跡のようでした。

 

一口に手術といっても、

個々人の状況がちがうので一概にはいえないようですが、

今の私は、全く痛みはありません。

 

手術後間もないあなたも、今はまだ手術跡が痛くても

きっと痛みはなくなります。

頑張ってください。

 

痛みが引いてきて、退院したら、

後は、あなた次第です。

しばらくゆっくりしたら、

硬くなった筋肉をほぐして、姿勢を元に戻し

体のバランスを意識してください、

きっと素敵に歩けるようになります。

 

このブログは、そんなあなたに、

いかにたのしく、手術後の人生を歩んでいくのか、

私が経験を交えて、いろいろな方面からサポートします。

 

痛みのない未来はきっときます。

諦めてしまわないで、できるイメージをひろげていきましょう。

あなたが思えば、きっと実現しますよ。

 

一緒に頑張りましょう。

 

では、今日はこの辺で失礼します。

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

 

おやすみなさい。