こんばんわ、玉城 領子です。

 

今年の梅雨で最後の雨…(と気象予報士が行っていましたが)、が降っています。

夏は、もうすぐそばまで来ています。

 

コロナもあり、あまり遠出はでは出来ないかもと考えていたら

いろいろな業種でGO TOキャンペーンが始まりました。

いろんな分野での割引があるようで、

感染対策をしっかりして、出かけようかなと思っています。

 

WITHコロナで、経済活動を再開させないといけないというミッションなので、

考える方も大変です。

都知事の小池さんは、

「ブレーキとアクセルを同時に踏むことはできない」とおっしゃっていましたが、

経済再生を願うなら、それをやらないといけないと私は思うのですが…。

 

ワイドショーのコメンテーターも、

とにかくいろんな事に、意見を言わないといけないので、

こちらも大変ですね。

 

今の時期に、という方もいるようですが、

私は、「それならどうしたらいいのか」

という、経済再生の代案を出す事が出来ないので、

「そうだよね…」としか言いようがありません。

 

経済が再生するよう自分なりに考えて、何かをする…。

という訳ではないのですが、

先日、箕面の滝付近の川床料理を食べに行ってきました。

 

夏着物や浴衣を着て、お料理を楽しむという

着物屋さん主催の少人数のイベントです。

コロナの心配はありましたが、

対策は万全ということだったので行くことにしました。

 

川床というくらいですから、川のすぐそばです。

もちろん、屋内ではなく屋外です。

マイナスイオンがいっぱいの川のすぐそばに

お料理をいただく桟敷席がああります。

 

川のせせらぎが、それはもう涼しげで( ^ω^)・・・、

 

と言いたいのですが、

川の音…、すごいです。

やかましいくらいです。

近くの人の声しか聞こえません。

 

でも、お料理はおいしくて、

川の上に作ってある、趣のある桟敷席でした。

箕面の滝に続く滝道にあり、

山の中なので涼しくて、とてもよかったです。

 

私は、お嫁入に持ってきた(何十年前?)手つかずの浴衣を、

夏着物風に着て、先日購入した帯をしていました。

私の持っている着物は、けっこう枚数がありますが

柄が今風ではありません。

帯だけ変えれば今風になると聞き、帯だけ購入しました。

その帯です。

 

着物屋さんの言う通り、けっこうモダンでした。

今は亡き両親が、心を込めて選んで、

お嫁入り道具でもたせてくれた着物です。

これから、和ダンスの中の着物(しつけが付いたままのものもあります)を、

すべて着てみようと思ってます。

 

いくらコロナとはいっても、ずっと自粛で家にいることはできません。

対策は充分にして、あなたも気分転換に外に出てみませんか。

 

今年はお祭りも中止になって、

着る機会の少なくなった浴衣ですが、

夏の浴衣は、やっぱり風流でいいですよ。

 

手術して、痛みなく歩けるようになっているあなた、

今年の夏は浴衣を着て、出かけましょう。

楽しみが待っていますよ。

 

では、今日はこの辺で失礼します。

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

 

おやすみなさい。