こんばんわ、玉城 領子です。

今、発表会が2つあり、大変です。

一つはダンスイベントにベリーダンスで参加します。

もう一つはピアノのクリスマスコンサートです。

その練習もあり、なかなか刺激的な毎日です。

 

そうそう、テレビでこんな話を聞きました。

「忙しい人には時間があり、暇な人には時間がない。」

 

うーん、なかなか深いですね。

私がよくいう「なかなか時間が取れなくて…」

都合よく使ってる言葉ですが、

これは、やっていない事への言い訳の何物でもない…という事です。

これから言い訳しないように、気を付けます。

 

それと今日、テレビの通販番組で、

杉本 彩さんが言っていたのですが、ふと目が留まったので

載せておきます。

それは、「きれい」を保つには、意識する事ということです。

まず正しい姿勢を保つように、日々意識すること。

背筋を伸ばして、体幹を鍛えて、正しい姿勢でいることを意識する。

その次に、きれいに歩く事。

内またを締めて、後ろ足で蹴りだして歩く。・・・・・と。

杉本 彩さんって素敵ですよね。

 

これ、私が実行したことと同じなので、とてもうれしくなりました。

私流の解説をすると、姿勢を正すとは、

「肩(肩甲骨)を下ろして、みぞおちを締め、骨盤を立てる。」です。

「背筋を伸ばして」というと、胸を上げて、お尻が出る人がいます。

そうすると、反り返ったような姿勢になるだけです。

肩=肩甲骨を下ろして、みぞおちからお腹を引き締めます。

そうすると、骨盤が立ちます。

横かが見ると、背筋が伸びておなかが引き締まり

とてもきれいです。

あなたもやってみて下さい。

これが、あなたの本来の姿勢なのですよ。

姿勢を正すとは、「本来のあなたの姿勢に戻す」という事です。

 

最初は、姿勢が崩れているので

とてもしんどい…と感じるでしょう。

でも、大丈夫です。

毎日、その姿勢を意識すると治ります。

いえ、本来の姿勢なので、「戻ります」という方が正しいですね。

「出来ないわ」なんて、やる前から諦めないで

毎日やってみて下さい。

 

歩き方も、私流の解説をすると

「踵(かかと)からついて、体重を踵、小指の付け根から親指の付け根に移動し、親指の付け根辺りで地面を蹴りだす。」です。

親指の付け根に体重を移動すると、脚の内側が締まります。

そして蹴りだす。

要は、「あおり歩行」です。

蹴りだした反動で、反対の足が出るというかんじです。

難しければ、脚の踵からついて、親指の付け根の辺りで蹴りだす。

その時に、内ももを意識するでも大丈夫です。

こちらも、毎日歩くので意識すればできるようになります。

手は、前に振るのではなく、後ろに引きます。

 

変形性股関節症で、

姿勢は猫背が癖になっていて、歩き方は跛行…

その私ができたのです。

あなたも絶対できます。

 

もう年だから…とか、自分で自分を納得させていないで、

やってみることです。

うれしい事に、筋肉は48日間で生まれ変わるのです。

もう、遅いという事はないのです。

 

自分の人世の主人公は自分、

そうです、「あなたの人生の主人公は、あなた」なのです。

人の言葉に左右されていないで、

自分の人世、楽しみましょう。

 

では今日は、この辺で失礼します。

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

気候が良くなってきたので、夜更かしをして

寝不足にならないようにしてくださいね。

 

では、おやすみなさい。