こんばんは、玉城領子です。

 

外は春の雨です。

今は寒くはありませんが、

明日は西高東低の冬型の空で、寒くなるとのこと。

4月になっても、又寒いの…という感じですね。

 

久々にヨガをしました。

2週間前に膝下のガングリオンの手術をしたので、

しばらくしていなかったのですが、

抜糸したので許可が出ました。

 

ヨガが出来なかったのはは2週間ぐらいです。

それまで、

椅子に座る程度にしかひざを曲げていなかったのですが、

筋肉が硬くなっていて、上手くひざが曲がりません。

傷跡は痛くないのでゆっくり曲げて、何とか曲がりました。

 

お風呂でのマッサージも、お休みしていました。

手術後はシャワーで、湯船にゆっくり浸かれないし、

浸かれても、手術した脚を上げて浸かっていたので、

思うようにマッサージできなかったのです。

 

たった2週間で、筋肉はこんなに固くなるのですね。

 

そう思うと、変形性股関節症末期の頃の私は、

何年もの間、股関節の激痛を庇って跛行で歩いていました。

筋肉が悲鳴をあげるのも、無理もない…。

 

毎日のお風呂でのマッサージ効果とヨガの効果を、

心から実感しました。

 

「継続は力なり」とも言いますが、

体が思うように動くのは、なんとありがたい事でしょう。

「当り前だと思っていることが、何と幸せでありがたいことか…」ですね。

当り前のことに、感謝しましょう。

 

では、今日は「領子式お風呂でのマッサージ 足指と足首」のやり方についてです。

簡単です。

 

ヨガで教えてもらった脚のマッサージとミックスしています。

お風呂で湯船に浸かりながら、足首からお尻迄、

全部やっても5分くらいで出来ます。

 

どうして湯船に浸かりながらするかというと、

湯船の中の方が代謝が上がるのです。

それに、湯船に浸かっている間って、

何もしていないからちょうどいいのです。

お風呂から上がってからマッサージしても、問題ありません。

 

 

マッサージは足の下から上、

脚の指先からお尻まで行います。

今日はまず足の先からです。

 

① まず、両足を伸ばして湯船に浸かります。

(脚が伸ばせない場合は、曲げたままでもOKですし、

お風呂から上がってからでもOKです)

 

② 左脚の上に右足を曲げてのせます。

4の字のような形です。

③ 右足の指と左手の指で握手し(指を絡ませ)ます。

出来るだけ深く指を絡ませてください。

指が入らない‥‥あなたは、

足の指の間を広げてみましょう。

親指と人差し指含む他の指全部で親指と人差し指の間を開きます。

次は、親指・人差し指と中指・薬指・小指のグループに分けて人差し指と中指の間を開きます。‥‥という風にして

最後は薬指と小指の間を開きます。

やってるうちに入るようになります。

 

先の細い靴を長年はいていると、足の指が重なったり、

外反母趾や内反小趾になったりしていますものね。

焦らずで大丈夫です。

手と足が握手できなければ、無理せず、

脚を伸ばして足の指をグーパーして下さい。

グーの時は指を出来るだけまげて、

パーの時は、出来るだけ開くのがポイントです。

外反母趾や内反小趾の方は、これもなかなかできないと思います。

でも焦らずで大回丈夫です。

 

握手の出来るあなたは、

④ 右手で足の土踏まずをもって、まず足の指をゆっくり回します。

右回し5回~10回、左回し5回~10回です。

 

⑤ 次に右手を足首に移動して、指は握手のままで今度は足首を回します。

大きくゆっくりと右回し5回~10回、左回しも5~10回。

大きくゆっくりがポイントです。

 

⑥ 反対側の脚も同じようにまわします。

 

足の指が軟かくなると、立つ時のバランスもよくなり、

蹴りだしも良くなるので、歩きやすくなりますよ。

むくみや、冷えの改善にもなります。

歩き方は、マッサージが終わったらやりましょうね。

 

もう一つ有益な情報を一つ、

椅子に座って、足の指を足裏方向に曲げて「すねと足首の前側」を20~30秒伸ばしてみてください。

ももの裏が柔らかくなり、前屈がしやすくなりますよ。

 

では、今日はこの辺で失礼します。

ここまで読んでいただき、

ありがとうございました。

 

次回はふくらはぎです。

 

おやすみなさい。