こんばんは、玉城領子です。

 

今日は暖かい一日でしたが、

時折風が強かったですね。

私は今日、自転車に乗っていたのですが、

風であおられて、ハンドルをとられそうになりました。

 

この頃よく自転車を使います。

私が車より自転車に乗るようになったのは、

 

近場の移動には、車より手軽で便利だからです。

 

それに、太ももの筋肉を鍛える意味もあります。

そうなんです。

私はどうも太ももの筋肉が弱いようなのです。

 

今回は「出来る理由」をお話しするつもりでしたが、

あなたにも、気をつけてほしい事が起きましたので、

そちらを先に話すことにします。

 

太ももの筋肉の事です。

変形性股関節症で、跛行をしていたあなたは特に、

歩く時、股関節が痛いので、

出来るだけ股関節と使わないで歩こうとします。

脚を上げて歩くというよりは、

脚を振り子のように回しながら前に出すという動作をしています。

そして、漏れなく太ももの筋肉が弱ってくるのです。

 

太ももの筋肉、

特に前の部分を大腿四頭筋といいます。

私もこの筋肉が弱くて、

ゆっくりとしゃがむのが苦手で、

がくんと床に膝をついてしゃがんでいました。

 

だから、

という訳ではないでしょうが、

その刺激で右の関節液が漏れて、

小さなガングリオンが出来ました。

 

一度摘出しましたが、

生活の仕方によってはまた漏れるかも…と言われていたのです。

 

悪いものではないので、そのまま放置してもいいし、

注射とかで中の関節液を抜く事も出来るけど、

それだと漏れているところはそのままになるので、また漏れてたまる…。

 

日常生活に支障があるなら、

取ったほうが早いよ…というのが、

私の担当医の形成外科の先生のお話しでした。

整形外科ではないですよ、形成外科です。

 

ただ、同じような生活だとまた漏れるかもしれない…とも言われていたのですが、

手術後も順調に回復していたので、

その週だけyogaやベリーダンスを休んだだけでした。

手術後も大した痛みもないんで、翌週からまたやっていました。

 

全く、太ももを鍛えるということはしていませんでした。

 

ヨガって、膝を深く曲げる動作がよく出てきます。

手術後、自粛したのは2,3日のみで、

翌週から、膝も曲げてヨガもベリーダンスもやっていました。

 

これもよくなかったですね。

 

それに鍛えてないので、

しゃがむ時に、がくんと膝をつくのは変わりません。

 

そうすると、案の定‥‥、

同じようなところが又、小さくぽっこりとしてきました。

中で縛って止めてはあるのですが、

がくんと膝をつく事で、膝への刺激が強くて、

また漏れてきたのです。

 

…という原因究明は、私の個人的な意見ですが、

担当医は、

ガングリオンはとり切ったと思っても、

又、近くで漏れてくる可能性がある、

漏れているところの近くも、

組織が弱くなっている可能性は高い…とのことでした。

まあ、同じようなことですよね、

 

ガングリオン自体は痛くもなんともないのですが、

骨の上なので、ヨガで正座とかすると骨に当たって痛みます。

しかし、2度目なので、

原因となるものは取り除いておこうと思って、

大腿四頭筋を鍛えることにしたのです。

 

やり方はわたし流ですが、

とても簡単で効果的です。

 

どこにもつかまらないで、

床までゆっくりしゃがんで、床に膝をつく。

その後でゆっくり立ち上がる。

 

これだけですが、これを毎日10回やります。

 

最初は、相変わらずがくんとひざをついていましたが、

一週間すると、かなりゆっくり楽にできるようになりました。

 

勿論、スクワットもいいですね。

 

基礎代謝も上がるし、痩せやすいからだになるはず…です。

頑張ります。

 

あなたもやってみませんか。

 

私は、今日もやりました。

一週関すると習慣になりますからね。

 

手術まで、あまり日がありませんが、

頑張ります。

 

手術後は、今回は完全に治してから

又鍛えます。

といっても、日が言えり手術で1時間ほどで済むのです。

 

では、今日はこの辺で失礼します。

ここまで読んでいただき、

ありがとうございました。

 

おやすみなさい